読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8/4 山175mm 中断

夕方山へ、 クランク175mmを試してみる。
Cervelo レーシング5 r320 16時に菓子パン、オレンジジュース。
クランクが5mm伸びたことで回しやすい位置にとりあえずサドルを移動、5mm下げ、3mm前になっている。
サドル高、シートポスト沿い720mm、後退幅70mm、ハンドル位置130mm10度、スペーサー10mm

平地のアップは大きく回す感じで回し疲れるが、少しほぐれるとあまり気にならなくなる。
クリート位置の右に少し違和感、回転は落ち気味。
スタート、立ち漕ぎも大きく回す感じで疲れやすい気がしたが速度は良く出る。
座って上り、初めはギヤ1枚軽い感じで回転が少し落ちる。
速度は少し速いが持つか不安。
かなり気温が高いので怠く、左脚の痛みが出始め、斜度が上がる区間で失速、しかし、踏み込む作業は170mより
少し楽に感じる。
左脚の痛みが酷く辛くなってきたのでlap1のピークをゴールに変更した。
長さの違いは回すか踏むかの違いに感じた。
慣れるとまた違う気がするのでもう少し使ってみる。
o,symetricを山で使うのは痛みが出やすく感じるのでしばらく円かrotorに戻す。
germinの操作ミスで肝心のログを取りそこなった。
左脚のふくらはぎ下と膝外、前腿の付け根付近に痛みが残った。
全体的にハンドルが低く感じた。
気のせいか、下りもそう感じたのでクランクは関係ないと思う。